ターミネーターなど数々の映画で活躍するM65 フィールドジャケット

フィールドジャケット『M65』は、1965年にアメリカ軍によって作られた。
65は1965年の略で、フィールドという名の通り、野戦用の防寒着として使われていた。

それまでもフィールドジャケットのモデルは数多くあったのだが、M65が製作された当時は湾岸戦争真っ只中で、テレビなどを通して世界中の人々の目により多く触れ、認知されることとなったのだ。

 

M65にはカラーバリエーションがいくつかあり、背景には米軍の出動した戦地があるのだが、定番のオリーブグリーンのほか、ウッドランドパターン、デザートパターンといった迷彩柄も存在する。
それらが軍から払い下げられたり、一般販売用として生産されたものが現在も世界中に出回っているわけなのだ。

M65は、機能的にもデザイン的にも、とても優れたフィールドジャケットだ。
素材はコットンとナイロンのミックス(約半分ずつ)で、薄手に見えても防寒性は抜群。
また、野戦用なのでレインコートのように撥水効果もある。ポケットも大型で一般的には4つあり、重宝された。

ただ、防寒性の反面、重量があるという欠点もある。
そして、撥水効果もコーティングは使用しているうちになくなるので、雨が降るとレインコートを上から羽織っていたといわれている。
ジャケットにはフードが取り付けられるので、軽い雨の時にはフードも使われていた。
それらの難点は、戦地では不便だったのだが、ファッションとして広まった現在ではその不便さが良いともいわれる。
ミリタリーファッションならではといえるだろう。

M65は、数あるフィールドジャケットの中でも、群を抜いて売れているヒット商品でもある。
前述した通り、戦争報道の中で認知されていったこともあるが、映画やドラマなどの映像作品で有名俳優達が着用したことが一番のきっかけだろう。
海外では、映画『タクシードライバー』の劇中でロバート・デ・ニーロが着ていたほか、『クレイマー・クレイマー』ではダスティン・ホフマンが、『ランボー』ではシルベスター・スタローンも着ていた。
日本では、高倉健や松田優作といった名優達も作品の中でM65を羽織っていた。
まさに「男のアウター」と呼ぶにふさわしいジャケットといえる。

Image Credit: Rothco, THECOOLIST
https://www.rothco.com/product/rothco-m-65-field-jacket
http://www.thecoolist.com/best-field-jackets/