軍用パーカーM51 モッズコート~PARKA SHELL M-1951~

M51『モッズコート』は、1950年代にアメリカ軍に採用された防寒着の1951年型モデルのことをいう。

 

名称にはいくつか意味があり、『M51』には、同じくアメリカ軍によって使用されたフィールドジャケット『M51』モデルのことも指す。
モッズコートは、いわゆるフィールドジャケットの上から羽織るパーカーとして使用された。
ジャケット、コート共に名称としては『M51』と呼ぶことになる。

 

モッズコートという呼称も、アメリカ軍を意味するものではなく、その名の通りモッズの間で流行したことからそう呼ばれ始めた。
モッズとは、1950年代から60年代頃のイギリスの若者、あるいはそのスタイルを指している。

アメリカ軍に着用されていたミリタリーパーカーが、戦後にイギリスへ渡り、流行したという一風変わった経緯があるのだ。
また名称自体は世界共通ではなく、モッズファッションの流行した1980年代の日本から発信されたといわれている。

 

モッズコートの生地には、コットンとナイロンが合わせて使われている。
生地そのものは薄手に作られているのだが、初期型として厚手生地のタイプも存在する。ですがごく少数のみ作られてすぐモデルチェンジしたので、現在ではほとんど見られない。
また詳細すら定かではなく、採用された数か月後には薄手に変えられたので、当時の払い下げ品を手に入れることは困難だと思われる。

 

カラーは、オリーブグリーンが一般的。前述した通り薄手なので、着用した時にもシルエットが丸くならないという利点がある。
イギリスで流行したのも、このことが大きな理由になったのだろう。
モッズファッションはスーツを基調としたスタイルだったので、上着を着崩さないように、また外出時の羽織りとして多くの若者に愛用されていた。

 

M51 MODS COAT

 

ほかに特徴としては、燕尾状に割れた裾も挙げられる。
このことから『フィッシュテールパーカー』とも呼ばれる。
そして、この裾はドローコードと呼ばれる絞り紐で固定し、裾をフラットにすることも出来る。
タイプも数多くあり、襟にファーのついたものや、フード付きのものなどがある。

元々は薄手の防寒着として作られたミリタリーパーカーが、現在ではファッション性を追求されたコートとして、世界中の人々に愛用されているのだ。

 

 

Image Credit:ZODIAC、LITHIUM HOUSE

https://www.zodiac.nagoya
http://lithium.co.jp