1940年代の軍用時計を忠実に再現した時計ブランド「OUTLINE(アウトライン)」の新作登場!

腕時計専門の出版社、株式会社シーズ・ファクトリー(所在地:東京都港区、代表取締役:菊地吉正)が今年1月に設立したオリジナルの時計ブランド「アウトライン(OUTLINE)」。
1940~60年代のアンティークウオッチテイストをコンセプトに、手頃な値段で奥深い腕時計の世界を提供している。
その第2弾として1940年代の軍用時計をイメージした「ミリタリー Type 1940」を2019年10月中旬に発売する。

 

 

10月の発売に先駆けて時計専門のクラウドファンディングサイト「WATCH Makers(ウオッチメーカーズ)」で9月8日まで先行受け付け中。
特典として数量限定ながら定価の20~10%OFFで提供している。

 

【商品開発の背景】

時計が技術的な進化を遂げたのは2度の世界大戦によるものである。
特に戦闘機や爆撃機といった航空機が結果を大きく左右するほど戦術的に重要な位置付けだった第2次世界大戦は、正確な時間を測定するための腕時計が飛躍的に進化されたと言われている。

当時はコンピューターなどがなかった時代。
腕時計は作戦行動において様々なミッションを遂行するうえでとても重要だった。
1840年代にはモールス信号が使われ始めていたため、多数の部隊が同時に進行するといった戦略が可能だったからだ。
一瞬の油断も許されない戦場ではポケットから懐中時計を取り出し確認する時間も惜しい。
そのため、タイミングを測るための正確さ、振動や衝撃に強い堅牢さ、瞬時に目視できる視認性が追求された腕時計が急速な進化を遂げることになった。

実用に即した機能的なデザインを備えており、アンティークウオッチ界でも時計愛好家にファンが非常に多い。

そして今回、そんな当時の雰囲気を壊さないように気を遣いながら再現された。
製作にあたり最もこだわったのは、秒針が独立して小さなインダイアルで表示される、いわゆるスモールセコンド(以降、スモセコ)仕様にすること。

1分1秒の狂いも許されない戦場では、秒針が見やすい6時位置のスモセコは必須。
軍用時計を再現する上でなくてはならない仕様である。

ただ、日本製の自動巻きムーヴメントには6時位置にそれを備えた機械がない。
そこで、ムーヴメントを右回りに回転させて6位置にくるようにセットした。
リューズが4時半位置にあるのはそのためである。

 

【デザインのこだわり】

当時の厳粛な雰囲気を出すため、1940年代と同じアクリルガラス製のドーム型プラスチック風防を採用。
インデックスには夜間の視認性を高めるスーパールミノバを使用。
アラビア数字には、あえて色を加えることで経年変化による変色をイメージした雰囲気に仕上がっている。
ケースサイズは38mmで、日本人の手首にフィットしやすいサイズとなっている。

 

デザインは2種類を用意。
当時、主にイギリスなど陸軍向けとして作られた12時間表示のタイプ。
ドイツ空軍の爆撃機などのナビゲーター用に開発された60秒表示タイプの2種類だ。

ちなみにドイツ製イメージのタイプは、05から55までの秒表示をあえて大きく目立つようにデザインされている。
その理由は当時、夜間偵察の際、暗闇でも秒単位で正確な経過時間と進路を記録できるように設計されていたからだ。

 

【商品の詳細はWATCH Makers WEBサイト】「ウオッチメーカーズ」で検索

URL : https://watchmakers.en-jine.com/projects/outline2

 


引用元:アットプレス
https://www.atpress.ne.jp/news/190070